2008年11月23日

ジャイアント南米ウィローモス

モスの一種で、三角形に葉を展開する美しい種。見た目はまるで、小さなシダのよう。

ノーマルモスと比べると、成長速度が速い。


080216_1802~0003.jpg今まで育成した感覚だと、

@よく増える。
A活着は非常に弱い。※
B特に手入れしなくても綺麗な植生を楽しめる(ノーマルはほっとくとヒョロヒョロで見栄えが悪く手入れが大変)。
C切り刻んでもちゃんと三角に展開するが時間がかかる。
Dある程度長くなった葉からはさらに三角に展開し始めるので、ボリュームが出る。
E光量の要求量が高く、弱い光だとなかなかきれいな三角になってくれない。

※但し、絶対にしないというわけではないようです。
最初、活着するものと思って流木にくくりつけましたが、惨敗。
一方で、意図しない場所で(深山石に)自然活着していました。

活着基質が問題なのか、何か条件があるのか?謎です。



ところで。

この写真で、枝についてるモスと、下でキレイな三角形に展開しているモスは同じ時に投入したものなんです!


なぜこんなにも成長速度に違いが出たのか?!



その秘密は 配置方法 にあります。

それは…


ある程度まとめてビニタイで石にくくりつける!!



CA391095.jpg


こんな感じ。できるだけ方向を揃えて根元側をくるっと巻きつけるのがポイントね。


これを沈める。だけ。


簡単でしょ?




この方法を使えば、すっごくきれいに生えてくれる上、設置してから観賞に耐えるレベルになるまでのスピードがものすごく速い(うちでは1〜2週間)です。


もちろん下できれいに展開してるのが今回紹介した方法で配置したもの

もともとのモスの状態にもよりますが、それなりの状態のものを使えばこのぐらいの速度の違いは期待できます。G南米を切り刻んでた方は是非お試しあれ!



ちなみに、G南米で枝全体をもさもさにしようと二回挑戦しましたが、やっぱダメ。
G南米は、どうしても一単位が大きくなるので、ものすごい太いモス流木(衣ばっかりのエビフライみたいな。)になる上、下のほうが枯れちゃうとまた巻き直し、ということになって死ぬほどめんどくさいことに。

石の脇とかポイントで使う分にはこれほど使いやすいモスもないんでしょうけどねぇ…
枝をもっさもっすぁにしたい!という時は素直にノーマルウィローを用いたほうがいい




めんどくさくてまとめて沈めただけなんですが、こんなにいい結果になるとは…www

怠惰スペシャルとでも名付けましょうか(´∀`*)

参考になったよ、って方はコメントお願いします〜<(_ _)>


posted by 怠惰60 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(1) | study まとめ>水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ためになったね〜
ためになったよ〜

私んちはノーマルモスが大量にあります。
今はボウルに入れてありますが、モサモサですw
Posted by Maze at 2008年11月24日 00:22
>>Mazeさん
まいどです!
参考になったようで良かったです(´∀`*)

必ず持て余すことになりますよね…。
状態良く大量に(そしてかっこよく)維持しておく方法はないものか…。
Mazeさん自作得意だし、なんかイイの開発して下さ〜いwww
Posted by Leeri at 2008年11月24日 02:17
新説!モスは刻んで撒きつけるという常識が覆されました!w
ウチにも南米ジャイアントが大量にキープされてるんで
試させていただきます^^

…今キープされてるモスを見てきたら今まで見たことも無い微生物が ;
このモス… 使えるかな?
Posted by 軸太 at 2008年11月24日 12:12
>>軸太さん
新しいでしょ(*´∀`)
『今すぐこの隙間を埋めたい〜っ!』
そんな時はこれ!w

微生物…魚たちのおやつになりますよ、と思うけどどうだろう。無責任発言w
Posted by Leeri at 2008年11月24日 16:00
ガ━━━(||゚ω゚||)━━━ン
もっと早くこちらに出会えてれば・・・
この前、ショップで売っていたんで
カップのG南モス買ってきて切り刻んじゃいました。('д`)
Posted by じゅげむ999 at 2009年05月10日 22:12

うははははっ!!wwwすんげーパイオツな女の子とちゅっちゅしてきたよ〜!!www
突くたびにブルルンブルルン揺れるのはオパーイ好きにはたまらんwwwww(*´∀`*)
しかもたゆんたゆんのオパーイでズリズリもしてもらったし、キンモヂィィー!!www(ノ*゚∀゚)ノ

http://jam.tsukimisou.net/3dzn8za/
Posted by ボッヨヨヨヨ〜〜ン!!www at 2009年08月08日 21:28
>>じゅげむ999さん
刻んでも生き返りますから、諦めないで!!
陰性とか言いながら、意外と陽性な環境の方が葉序がきれいになる(復活する)のが速い気がします。
Posted by Leeri at 2009年08月21日 12:01
>>ボヨヨヨヨ〜〜ン!!wwwさん
いいなぁ…w
オッパイもいいけど、私はあくまで尻派ですから、あしからず。
Posted by Leeri at 2009年08月21日 12:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

世界は誰も拒まない …アクアリウムだってきっと、多分、おそらく、
Excerpt: 今の君がもし、世界が濁っているように感じているのだとしたら それは君の瞳が曇ってしまったんだよ… だって世界は変わらずただそこにあ...
Weblog: WATER WORLD 25×25
Tracked: 2008-12-25 02:30
ranking.png
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。